福岡うどんDB別館
福岡のうどん、その他の麺、めし、美味い食い物、日々の印象、など。
201708<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201710
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「久野」 オープンかつクローズな店
「久野」
肉うどん(小) 500円

先日食った「今浪」のほど近く、お寺の脇にポツンと佇む。横から見るととてもうどん屋が営業してるとは気がつかない。道路からは見えない正面の引き戸から入ると店内もこじんまり慎ましやかで、通り抜けた奥のほうでは庭のテーブルで啜ってたりしてるのが見渡せる。
くっつき合って待ったり食ったり、好き者どうしが袖刷りあってる雰囲気がイイなぁ。
このへんのうどん屋は早朝からの営業が多くて、ここも同様午前7時からやってるらしい。
茹でうどんや具を持ち帰りにしてる人もいるけど、あれって家でどぎどぎうどんの朝飯を?んで、相席の学生服のお兄ちゃんは登校前の腹ごしらえか?ほんと、羨ましい環境だな。

さて、当方の注文は肉うどんの小。かた目(固さはオーダーが可能なのだ)。
hisano02.jpg

うどんの太さは不揃いで、オーダー通りのコツンとした歯応え。自家製の麺はこれといって突出したキャラクターはないが、さりとて味気ないわけでもなく、分をわきまえてそこにある。「今浪」のうどんも印象深かったが、こういった何気なさもある意味正解である。なぜならば、ことどぎどぎうどんに関しては、うどんは必ずしも主役ではなく、すめ・肉とそれぞれが十二分に存在感を持ちつつ三位一体で味わうものだから。
と、大げさな理屈を思いつくままにコジ付けながら喰い進むと、そのすめはやや甘めのまろやかな味付け。
肉もやはり味は甘め。肉質も脂が多い部位を使っているけど、これがつまりホホ肉なのかな。甘さの中にはこの脂質に由来するものも含まれている印象だ。
そしてどぎうどんお約束の生姜を投入すれば、甘味はひっこみコクが顔を覗かせてまた旨い。更にトンガラシでアクセント。
うむ、小倉に根付くこの作法はなかなか理にかなってるわい、などとひとり納得の朝うどんだった。
hisano01.jpg



北九州市小倉南区北方3-47-27
7:00~

北方のどぎどぎ密集地帯の一角「宮浦」が閉店したらしい。
巷の評価が高かっただけに残念。一回啜ってみたかった。
「今浪」 はまる
「今浪うどん」
肉肉うどん(小) 650円

小倉競馬場近く、云わずと知れた小倉肉うどん所謂"どぎどぎうどん"のメジャーである。
以前から食いたかったけど、なかなかありつくことができなかった。そもそも北九州にはほとんど縁がないし。
この日は昼時に小倉に在り。で、店も開いてます。並んでるけど・・。
店の横にある駐車場のうち十数台分を契約してあるが、もちろん満車でしばし待機して入店を果たす。
店構えはどっぷり昭和風。入り口すぐ横に茹で釜が設えてあったり、店側と客が非常に近い、というか詰まってる。独特の雰囲気だ。
うどんはサイズで大中小、肉量でニク・ニクニク。ごぼ天や丸天もあり。
小が普通サイズとのことなんで、ニクニクの小を注文し、サービスの漬物を皿に取って空いたカウンター席に着く。
と、ちょうどそのとき、忽然と釜前に大将が登場して茹でたうどんをザブザブと揚げ始めた。まさに揚げたてっすか。らっきー!
imanami02.jpg

中細~太のうどんは、ゴソゴソする歯応えが他にない面白系。敢えて例えるなら名古屋の味噌煮込みうどんのそれか。固めでありながら、ヌチっとした肉感がある。
すめは福岡人にとっては迫力を感じる濃い醤油色。しかし飲んでみるとアッサリしてて塩気も色ほどには強くない、むしろ適度で絶妙と言えるくらいだ。
よ~く炊かれた肉も味付けはくどくはない。
麺・すめ・具それぞれの印象を文章にすると、そこそこイイかなって具合でしかないようだが、これが組み合わされるともう言葉にできないパワーが発生する。その、なんていうか、グワ~~ッって盛り上がってガツンと響くアレ。正直自分のセンスのなさがもどかしい。
いやぁ、はまる。いまやどぎどぎは福岡でも食えるようにはなったんだけど、やっぱりご当地だ。
なにが違うのかって、立役者はやっぱりうどんそのもの。このうどんあっての肉、サポートがすめってとこだろう。
わざわざ行く価値ある一杯だった。
imanami01.jpg


北九州市小倉南区北方3-49-29



というわけで、後日また小倉まで行ってきた。
今度は「たけや」狙い。
しかし、超人気店は昼には売り切れ閉店。
とってかえして再び競馬場。「久野」は目の前で売り切れ・・・。
次こそ!
「満月」 とうちゃんの夢、満つる
「満月」
ごぼう天うどん 450円
野菜天ぶっかけ(冷) 600円
月見ぶっかけ(温) 480円

"豊前裏打会"に新年1月3日新たに加わった気鋭の新店。
大将は脱サラで、ブログを通じて知ってた人なので、心待ちにしたオープンだ。
ちょっと迷ったが三ヶ森のサンリブ近くに店舗を発見。車を停めてるとチャリの人物が手を振ってる。
!へのさんだ。   まさかここまで自転車っすか!?輪行ですね。そうですよねw。
ああ、迷わなければご一緒できたな。
そんなこんなで入店。新しい店内は気持ち良い。
mangetu02.jpg
会うのは初めての大将に挨拶して、注文は温のごぼ天と冷の野菜天ぶっかけ。
メニュー裏にはやはり冷やのぶっかけがお薦めとある。
mangetu04.jpg mangetu03.jpg
待ちは10分弱か。まず運ばれたぶっかけの器には、凛とした細めのうどんと揚げたての野菜。見紛うことなき裏打会の一杯だ。続くごぼ天も同様。
一党の磐石さを成している主な要素はやっぱりこれに尽きるだろう。鮮烈な印象を与えるうどんと天物の組み合わせ。拘りの維持が客を飽きさせないのだと思う。
さて、うどんの感想だが、お薦めの冷はかなりシャープ。コリっとする程のコシがあるけれども、肌一枚ムチっと粘る感じ、および弾力のある伸びが単調さを退けている。
その点では、追加注文したあったかいぶっかけがもっと艶かしく肌蹴た印象で、個人的にはより好みだった。
mangetu05.jpg
特に玉子を絡めて啜る食感は、組み合わせとしてベストじゃないかな。
温うどんのごぼ天にも注文をつけるところはない。特徴が無いという意味合いじゃなく、実に丸い味わいだった。さすがに天ぷらのキャラクターに持っていかれる部分はあるが、基本のうどんとすめに何の問題も見えない。
しっかりプロフェッショナルな仕事が成されてると思う。
それは、釜の前、カウンターの上に置いた熟成中のうどん生地を、時折くるりと向きを変えて均等に熱を当てている、そんな大将の拘りぶりに如実だ。

ちょうどそこに来店してた「津田屋官兵衛」ごまひげ師匠の顔もにこやかだったことを付け加える。

北九州市八幡西区三ヶ森3丁目11-3
TEL 093-613-6567
11:00~16:00
17:00~20:00
1月の休日は15日・23日
今後の詳細はブログ
[「満月」 とうちゃんの夢、満つる]の続きを読む
「ふじや」 ♪肝っ玉かぁさんっ
「ふじや 若松店」
ごぼう天うどん 390円

らーめんくーぱーさん推薦若松うどんシリーズ。次なる店はここ。
fujiyawakamatu01.jpg
見たとおりめっちゃ大衆路線だ。
座席はおっちゃんでいっぱい。厨房はお姉さまでいっぱい。
なんでか頭の中に、懐かしの"肝っ玉母さん"のテーマが流れてきた。
メニューはうどん蕎麦の他に丼ものも充実。あっちの方ではおでん鍋も良い匂いを漂わせてる。
まずは基本のごぼ天を注文して更に観察する。釜側の壁にはうどんを揚げるためのタモが掛けられてるぞ。すなはち自家製麺ってこと。期待しよう。
ちょっと待って出されたうどんは、見た目はマットな白色で角ばった中太で、若干鄙びた讃岐うどんの風情と言えばいいのか。
fujiyawakamatu02.jpg
箸に重さを受けとめつつ持ち上げて啜ってみると、惜しいかな時間経過でややくたびれてはいるが、素性の良さが見て取れる胴のしっかり感と小麦の味わいがある。
タイミングさえ良ければ揚げたてにめぐり合えるかな。
合わせるすめのほうも、なかなかどっしりした出汁っぷり。
そしてごぼうの切り方がイイ。この食感はもろ好みだ。そしてこれは初めてだが、とんがらしが衣に練りこんである。
てな具合に人気店ならではのツボをいちいち納得しながら食い終わる。
いつかまた来たいよな~。

北九州市若松区北湊町4-9
TEL 093-751-3542
「角兵衛」 ありそでないうどん
「うどんの角兵衛」
ぶっかけうどん 450円

滅多にない北九州遠征だ。
とはいえ、時間は少ないし、本来の用事はちょっと気が重いものだが、それは置いとくww。
事前に北九の食い物ブロガーらーめんくーぱーさんからお薦め店の情報もゲットしたぞ。
kakubei01.jpg
まず一店めは"豊前裏打ち会"に属する「うどんの角兵衛」。裏打ち会系を啜るのも久しぶりだなぁ。
カウンタに座ると隣のおっちゃんが注文したぶっかけがちょうど配膳されたとこで、またその姿が実に美味そうだったンでそれにする。
でも、あとでサイトを確認したら、店のお薦めはメニュー筆頭の釜揚げ類だった(釜揚げといってもお湯に浸かってないぶっかけ風だ。興味津々。)

kakubei02.jpg
ともあれ、そのときお出ましのぶっかけはとにかく美味そうだったのだ。
ちなみにここのは温かいヤツで、ホンワカとした湯気にもそそられたのだ。
まず、混ぜないで幾筋かつまんで吸い込んでみる。細めの平打ちうどんは滑らかかつ弾力に富んでいる。
この手にありがちな水っぽさやブチ切れ、その逆の堅過ぎや張り過ぎはなく、包容力のあるコシを巧く演出してる感がある。
これは温メニューだが、このふくよかさは多分冷たいヤツでも遜色ないだろう。
てなことを確認したら、ではと薬味をぶっかけて、箸を差し込みグーリグリ混ぜて、いざズババっと食い進む。
ツユを纏ってミョンと伸びつつチュルチュル喉を下るうどんはなかなか楽しい。飽きない。
が、個人的にはツユの甘さがちょっときついかなー。釜揚げのツユも同じなのかな?そのへんがちょっと気になるが・・。
しかし、入れ替わり客足の耐えない人気も納得。このうどんなら、いろんなメニューを試す価値ありだ。

ところで、特にこの店に限定するわけじゃなくての話だが、ぶっかけはじめうどんのトッピングに多用されている削り節、あれに最近疑問を感じるようになってきた。
あれってうどんの食感とは合わないんじゃないかな?
濡れ落ち葉のように重なって張り付いたり、本来煮出して使う強い香りが丼全体を支配してしまったり。
削り節うどんじゃないんだから、薬味としての控えめさをもう少し自覚してくれないかしら・・・つか、空気嫁、なんて愚痴りたくなることがこのごろよくあるのだ。
まあ、あくまでも個人的な見解だから。あと、安いかまぼこの香も邪魔だなんて、大きな声では言えないから。


北九州市若松区東二島5-1-2
TEL 093-741-7712
不定休(月2回休み・・・店内に告知)
11:30~16:00
17:00~OS19:30

copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。